タグ:水辺 ( 11 ) タグの人気記事

■ 越前大野へ

 毎年楽しみの宿泊撮影会です。
 
今年は10月末、越前大野へ秋の九頭竜湖をメインに車2台で行きました。
 
見ごろはバッチリ、台風も過ぎ雨上がりです。
 
ハプニングは何と、雲海名所の越前大野城が撮れたこと。
 
出現は年に数回とのことで、元々予定に入ってなかった所が、
 
宿で現地情報を仕入れた世話役さんの機転が功を奏したわけです。
 
撮影ポイントの標高324m犬山への道は、朝日の雲海が撮れるの思いだけのきびしい道中。
 
目当てがわからなければ、とても登れないコースでした。
 
全員無事に往復できて良かった良かった。
 
ここのところ雑事多忙でようやく写真の整理ができました。
 





d0334796_21174871.jpg
仏御前の滝 皆さん夢中



d0334796_21174558.jpg





d0334796_21174572.jpg




d0334796_21174816.jpg
越前大野城址



d0334796_21174422.jpg
朝日輝く



d0334796_21174924.jpg
歓声多響



d0334796_21174721.jpg
ダム湖



d0334796_21174640.jpg
支 流



d0334796_21174796.jpg
天狗岩支流



[PR]
by nakasekun | 2017-11-07 22:56 | 1.My 写真 | Comments(3)

■ 京都植物園

 9月で切れる切符の有効利用で京都に出かけた。
 
科学カフェに行けない月が続き切符が残ってくるが、
 
カフェは面白いテーマの打率を上げてほしい。
 
朝、山の草刈ボランティアに行くという仲間と遭遇したが頭が下がることです。
 
植物園は季節の変わり目か、花々がとぼしく寂しい。
 
帰りに、ゆっくりと行きたかった大徳寺にまわる。石道は雨がよさそう。



d0334796_10191394.jpg



d0334796_10191496.jpg



d0334796_10191419.jpg



d0334796_10191302.jpg







[PR]
by nakasekun | 2017-10-01 10:42 | 1.My 写真 | Comments(0)

■ ふたたび海遊館

7月なかば、海遊館に行く。
 
1月に松寿会で行ったが、今回はフォトグループの撮影会。
 
冬になかった夏の企て、北極圏の世界などおもしろい。
 
人気者大型ジンベイは、さすがに大食漢です。水面からすーぅと下にさがり満腹を表わした。
 
水槽いっぱいのクリオネは、いっぱいの様子が撮れない。これだけいっぱいを初めて見た。
 
昔、2月の羅臼で見たクリオネは見事にきれいだったが、数匹だった。




d0334796_11592506.jpg
ハリセンボンきれい




d0334796_11592109.jpg
魚眼レンズがよく見える




d0334796_11593184.jpg
大食漢




d0334796_11591761.jpg
名が不明




d0334796_11590167.jpg
足が絡みこまった




d0334796_11591075.jpg
クリオネ百匹以上の乱舞、匹とはいわないか


[PR]
by nakasekun | 2017-07-24 12:52 | 1.My 写真 | Comments(0)

■ 雨の山田池公園

 小雨の山田池公園のあとは空梅雨が続いている。空梅雨模様だ。
 
あの日7日の雨の花菖蒲は、来園者も少なく写真が楽しくすすんだ。
 
この頃から写真の仕上げは、新モニターでとなるが、24”は使いやすい。
 
それにあわせ、このブログ写真の横寸を1600pixcelにあげた。
 
モニターの設定が、銀塩写真プリント用ICCプロファイルがなく宿題が残り、
 
写真プリント各種にモニターの輝度、WBを目視であわせてスタートした。
 
カラープリンター用設定が、写真プリントにないとメーカーは言う。意外意外。



d0334796_21524752.jpg




d0334796_21524608.jpg




d0334796_21524999.jpg




d0334796_21524642.jpg




d0334796_21524838.jpg




[PR]
by nakasekun | 2017-06-17 22:26 | 1.My 写真 | Comments(1)

■ 地蔵川の梅花藻

 彦根を終えて醒ヶ井に行く。ここは梅花藻の聖地です。
 
最近、山陰浜坂の田君川が梅花藻で脚光を浴びているが、なじみは醒ヶ井だ。
 
この時期、まだ早いが十分楽しんで帰りました。
 
これだけきれいな川が近くにあれば、あの好きなことがもっとできる。
 
でも、事が思ったようにできるなら早く歳を取ってしまう。これはいかん、いかん。
 

 ところで、
 
帰りの駅でトンでもないことに遭遇しました。ここはJR東海です。
 
16:33米原行きの予定で16:20ころ醒ヶ井駅にもどる。列車は時間2本です。
 
待合室にかすかに聞こえた放送で、電車は遅れているらしい、切符売場は閉まったまま、切符が買えません。
 
気がつけば、遅れた米原行きが入ってきている。
 
でも向かいのホームのため、待合室にいては陸橋を渡ってでは間に合いません。
 
駅員が外から戻ったので案内の悪さを問う、その時、遅れた電車がまたまた来た。
 
そのときの説明、「仕事は出札だけです。案内はしてません」、これには唖然。
 
待合室の客に、乗れるように案内するのが出札駅員ではないのか! 2本を逃し1時間近くロス。
 
反省、乗りたいときは切符なしでも乗り込むこと、です。
 
 
d0334796_20364280.jpg




d0334796_20364192.jpg



d0334796_20364499.jpg




d0334796_20364258.jpg



d0334796_20364386.jpg



[PR]
by nakasekun | 2017-06-06 22:00 | 1.My 写真 | Comments(1)

■ 鳥羽へ

 大阪にいる小学校の仲間と鳥羽に行く。
 
自宅静養中の仲間の見舞いもあり、故郷行きは以前からの予定になっていた。
 
前後して義父の年忌も鳥羽であり、あれこれで相生ペーロン撮影会は欠席となる。
 
面白かった鳥羽水族館をアップロードします。
 
飼育数日本一、真近くに触れるように見れる見せ方、人気のアシカショーなど、
 
子供たちにも人気で、貸切バスは10台以上、他府県ばかりです。

(携帯写真です)


d0334796_11143253.jpg
サンゴの展示がいっぱい



d0334796_11143499.jpg
うつぼはイセエビを気にしない、足の下を掻き分けてすすむ、驚きです



d0334796_11143493.jpg
クエだったかな? 顔貌精悍です



d0334796_11143288.jpg
淡水魚、怪魚ですね



d0334796_11143315.jpg
アシカショー、子らに大人気



d0334796_11143392.jpg
鳥羽港には昔から保安庁があり、松阪以南、志摩半島全域、伊勢湾を出入りする伊良湖水道をみている


=====================================================

追伸(おなじく携帯写真で)


d0334796_22040409.jpg
名阪で鳥羽からの帰り道、高峰SAの辺りから夕日がきれいだった。










ここはどこ・・・

d0334796_12145698.jpg



元花鳥園、いまのどうぶつ王国への往き道の神戸ポートライナーから






  




[PR]
by nakasekun | 2017-05-29 12:09 | Comments(4)

■ 湖北SL撮影会

 湖北のSL撮影会は今の時期になりました。
 
ここのSLは、昭和10年~14年製でポニーの愛称のC56形とのことです。
 
今年入部のFさんも加わり、6名が2台に分乗し星田から往復しました。
 
予定した3箇所で現場下見をした結果、河毛カーブ付近で待機となり、
 
大勢の先客に混じり勇姿を待ちます。3,40名は居たように思います。
 
河原そばで待つことにし、となりの方は聞けば近在ですという。
 
終わってからひとこと、「今日はよく煙が出てました」そうです。
 
ワンチャンスを終え、水鳥センターにむかいお昼にしたが淡海は水位が高い。
 
その後、1台は木の本に向かい駅でのSLに挑戦、我々は最初に下見した姉川鉄橋にもどった。
 
湖畔をめぐったほうが写真的かとも思われたが、日差しも時間帯ももうひとつで、
 
久々の湖北はこれで終了となり、初SLはふつうの写真でおわった。
 



d0334796_20505010.jpg
河毛カーブ北の高時川橋梁のSLびわこ号 10:42'



d0334796_20014932.jpg
姉川橋梁_しらさぎ7号金沢行き 13:04'



d0334796_20015085.jpg
姉川橋梁_SLびわこ号 13:36'



d0334796_20505016.jpg

雪 山



d0334796_20010853.jpg
本 宅



d0334796_20010867.jpg
隊列ようし




[PR]
by nakasekun | 2017-03-06 20:47 | 1.My 写真 | Comments(5)

■ 大寒もすぎて

 1月26日、今のところこの冬の最低気温の朝、2度目のくろんど池です。
 
池2面は凍ってました。
 
日も昇り、キラキラと目にはきれい。でも、写真にならなかった。
 
先入観が強すぎるのか、イメージに囚われるのか、結果は面白くない。
 
凍っていたのに物にできなかった。
 
木道は具象なので、これはこれ。冬にしか味わえない雰囲気です。
 



d0334796_20563347.jpg

薄 氷



d0334796_21375664.jpg
白 道



[PR]
by nakasekun | 2017-01-30 21:30 | 1.My 写真 | Comments(1)

■ くろんど池の楽しみ

 冷え込むこの時期、くろんど池が気になる。
 
近くて楽しみの場所です。
 
ということで、今朝は早くから出かけましたがまだ氷の気配はなし。
 
過去天気で昨年の1月を見ると、最低気温1~2℃が6日も続いていた。
 
昨年の25日はしっかり氷っていたはずだ。
 
今日は氷のかわりに霜を楽しんでかえった。
 

d0334796_18192822.jpg

白 霜



d0334796_18192748.jpg

白 道



d0334796_18192924.jpg

薄 氷



d0334796_18192821.jpg

枯 薄



d0334796_18192730.jpg

朝 陽





[PR]
by nakasekun | 2017-01-16 20:00 | 1.My 写真 | Comments(3)

■ 冬日をもとめ


 午後がカフェの土曜日、出町柳を基点に高野川を沿ってあがり、植物園を経て鴨川をくだってひと回り。
 
馬橋で東に渡り北山通はバスで植物園へ、約4時間はちょうどいい半日コース。
 
年明けの初撮りは、お天気もよくいい日でした。



d0334796_16393800.jpg
鴨冬日



d0334796_16393915.jpg
高野冬日


d0334796_16393868.jpg
冬日浴び



d0334796_16393871.jpg
冬 日



d0334796_16393866.jpg
奥冬日



d0334796_16393910.jpg

冬笑み




d0334796_16393811.jpg
冬日晴れ




[PR]
by nakasekun | 2016-01-10 16:30 | 1.My 写真 | Comments(0)