<   2016年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

■ 法起寺三色

 10月24日、朝からの青空にさそわれ出かけた。
 
この秋は気象が安定せず寒暖も荒っぽい。
 
平群の道の駅に走らせ、午後は正倉院展という算段。
 
法起寺は途中に立ち寄った。コスモスはいまが見ごろ、以前より作付けは増えている感じです。




d0334796_18100603.jpg
赤に映えるお塔



d0334796_18100699.jpg
黄に映えるお塔


d0334796_18100538.jpg
黒に映えるお塔


d0334796_18100593.jpg

正倉院展の今年の目玉は、ポスターにある「漆胡瓶」しっこへい

高さ40cmくらい、みがかれていてきれい。うす板製のダンダンは全く見えない。

それと、「笙」しょうがよかった。

吹くのはきわめて難しいと聞くが、吹けば今も音が出てきそうな生々しさである。

車は、前の氷室神社に入れ2時頃に入った。待ち時間はなし。(写真は4点ともガラホ SHARP SHF32)





[PR]
by nakasekun | 2016-10-25 18:40 | 1.My 写真 | Comments(0)

■ 生石高原にゆく

 ハイキング部の40周年記念行事に参加した。
 
紀美生石高原がこれほど山の中と知らず、バスで来れてよかった。
 
ススキはちょうど見ごろ、800mの高原に吹く風は心地よく気分よしの一日でした。




d0334796_10252072.jpg
東向き、野迫川村方向の山並みは見覚えのある山容です


d0334796_10252277.jpg
山頂生石ケ峰870mにむかう


d0334796_10351320.jpg
展望台から西向き、夕日が似合うと思われるポイントです


d0334796_10314001.jpg
日差しは薄日、うす曇が多く迫力はいまいち


d0334796_10252230.jpg
ラジコングライダーを楽しむマニア、機体は1mくらい、北側斜面の上昇気流をつかい自由自在です


d0334796_10255403.jpg
ハイキング仲間たち(ガラホ写真 SHARP SHF32)


d0334796_10255390.jpg
ハイキング仲間たち(ガラホ写真 SHARP SHF32)



[PR]
by nakasekun | 2016-10-22 18:36 | 1.My 写真 | Comments(3)

■ コスモスの季節

 秋はコスモス、曼珠沙華にモミジがあれば秋はよし。
 
久しぶりに花の丘に行くと、さすが万博公演は幼児遠足の花盛り。
 
松寿会の撮影会は入口に10時集合で、幼児たちはその前から来ていて、
 
30分くらいの間に10以上、10数組の園児が入っていった。
 
万博コスモスの丘は、結局園児幼児たちと爺婆連で溢れ返っていました。



d0334796_21060295.jpg


d0334796_21060350.jpg


d0334796_21060148.jpg



[PR]
by nakasekun | 2016-10-18 21:34 | 1.My 写真 | Comments(2)

■ 欅平周辺・撮影会特集

 3日間の初日は黒部トロッコ列車で欅平へ。
 
窓なし車両は雨でボトボト、貸切状態で上がり降りした。
 
アジアからの観光が、ここまで来るかと感心する。
 
山が深く、新緑はさぞきれいなことだろうと想像する。これで撮影会写真完了。




d0334796_12290676.jpg
ガスけぶる山々がきれい



d0334796_12303110.jpg
縦写真ではありません。オーバーハングです。いかに岩盤が固いことか。人喰岩というそうです



d0334796_12303005.jpg
雨のやみ間なく・・・



d0334796_12295662.jpg
こんなところ・・・



d0334796_12293412.jpg
紅葉にはまだ少し早い



d0334796_12303136.jpg
けぶりっぱなしのトロッコ列車でした


[PR]
by nakasekun | 2016-10-05 12:47 | 1.My 写真 | Comments(2)

■ だんごや周辺・撮影会特集

 立山室堂から高原バスとケーブルで下り、宿のだんごやに向かう。
 
下りる車中は耳がツンツン、とても家内は来れない所と気の毒に思う。
 
七曲はきれいです、あとから聞いたがガスの中では何も見えなかった。
 
 だんごやは大岩山日石寺の門前宿。
 
おかみは、山菜わらびの塩漬け上手な3代目。きれいな4代目若嫁と元気な宿だった。



d0334796_08542045.jpg
だんごやの夕景



d0334796_08550351.jpg
日石寺三重塔、古くから霊場として賑わったそう。今は夏場の冷ソーメンが人気という




d0334796_08551105.jpg
芯柱がまる見えが珍しい。落書きから古さが思われる




d0334796_08552818.jpg
「水花火」 落水に打たれる寒中滝行を偲んで撮った



d0334796_08555587.jpg
近くにある千厳渓のいりくち




d0334796_08560622.jpg
ごうごうと鳴る水音に誘い込まれた




d0334796_08563600.jpg
昨日まで続いた雨のせいか、水の色が青っぽく濁っている




d0334796_08565054.jpg
星景用の短脚のみ持参とした今回は、すべて手持ちの撮影。手振れ防止さまさまです、1/8秒





[PR]
by nakasekun | 2016-10-03 10:21 | 1.My 写真 | Comments(2)

■ 立山室堂に行く・撮影会特集

 今年初めての宿泊撮影会で、黒部、立山に行ってきました。
 
安定した雨の天気図は、1週間前から変わらなく、
 
今回の3日間は、出発時からそのつもりの旅にならざるを得なく、雨支度完璧です。 
 
2日目の室堂は、2,450m、気温8℃、風はなく出ても少々、絶好の写真日和です。
 
晴れもよし、雨もよし、ガスはなおよし。ガスの機会は普段あまりなく、この日はおもしろかった。
  
 

d0334796_07210201.jpg
ここは室堂平、ガスでいっぱい。出立は、上下カッパとカメラ用の傘です。



d0334796_07213754.jpg
一面は紅葉の原っぱもようですが、遠景は撮れません





d0334796_07215547.jpg
低地は、ゆたかに水が張り色合いがいい





d0334796_07221120.jpg
名はわからないが、一瞬の秋の色です





d0334796_07222873.jpg
雨そぼる石群も、晴れ日に経験できない姿になり・・・




d0334796_07224993.jpg
気づかないままレンズがすぐ濡れる、カメラは傘の下でもガスは巻き込んでくる






d0334796_07242268.jpg
木道がきれいでした




d0334796_07242208.jpg
使われなくなった木道が、朽ちたまま残されている




d0334796_07303050.jpg
木道は、立ち入りが出来ないロープのむこう、雨の日の贈りものの絵姿です






[PR]
by nakasekun | 2016-10-01 07:59 | 1.My 写真 | Comments(2)